八ヶ岳移住、茅野市小学校、1クラス地域、いじめがほぼない、PTAの負担、社会性をどうするか

八ヶ岳移住、茅野市小学校、1クラス地域、いじめがほぼない、PTAの負担、社会性をどうするか

移住者必見、茅野市、原村の小中学校の学級数

移住される場合、小学校、中学校がどの通学区で距離がどれくらいなのか

不動産の物件概要に記載がありますが、学級数、築年の記載はありません。

今回は2014年5月1日時点の茅野市の小中学校の学級数について記載したいと思います。

茅野市の小学校 学級数

永明 20 1学年3-4クラス

宮川 22 1学年3-4クラス

米沢 12 1学年2クラス

豊平 9  1学年1-2クラス

玉川 27 1学年4-5クラス

泉野 6 1学年1クラス

金沢 6 1学年1クラス

湖東 12 1学年2クラス

北山 6 1学年1クラス

参考

原14 1学年2-3クラス

茅野市の中学校 学級数

永明 12 1学年4クラス

長峰 12 1学年4クラス

北部 12 1学年4クラス

東部 15 1学年4-5クラス

参考

原6 1学年2クラス

学年が1クラス 少人数のメリット・デメリット

泉野、北山、金沢小学校は学年が1クラスです。

少人数教育のメリット・デメリットについて考えてみたいと思います。

メリット

・子供1人に目が届きやすい

・いじめがほぼない

・地域、父兄の協力を得やすい

デメリット

・ひとりで1学年をまとめるので、担任の負担が重くなる

・役回りが多く父兄の負担が大きい

・子供が競争をしなくなり、中学校に行って驚く

→永明小学校は小中一貫教育をしようとしております

茅野市教育委員会は小学校は地域の核なので再編は考えていないとコメントしている。

トップへ戻る