八ヶ岳週末移住、富士見高原別荘地1000坪以上の敷地にログハウス風の家ができるまで

八ヶ岳週末移住、富士見高原の1000坪以上の広い敷地の中に建物の建築場所を決める

本日は住宅の建築場所を決めるということで、お客様に同行させていただきました。
南東側の抜けている風景と西側の夕陽をみるような建築場所にしました。

八ヶ岳に別荘を買う、高台の広い土地の家はくねっとした道が必要

まもなく着工します。
富士見高原別荘地1000坪以上の広い土地に家が建ち始めます。
高台の広い土地にはくねっとした道が必要です。
ゆるい傾斜で高い場所にある家に行くためです。
イメージは車山や白樺湖に行く道でしょうか。

国内移住、八ヶ岳田舎暮らし、寒冷地の基礎コンクリート流し込み、量が多く迫力があります

基礎の背筋工事、枠をはめ込み、そこにコンクリートを流し込んでいきます。
寒冷地の基礎は東京や名古屋と違って、しっかり作ります。
当然、使うコンクリートの量も多くなります。
コンクリートを詰んだトラックからコンクリートをどんどん流し込んでいきます。
迫力満点の動画が撮れました。
来週、基礎固まって、できているのが楽しみですね。

八ヶ岳田舎暮らし、地下室兼基礎で収納、床下メンテナンスが楽ちん

前回は基礎コンクリートの流し込みでした。
今回は追加の流し込みでした。
地下室と基礎ができそうです。
地下室があると一定の温度なのでワインの収納等に便利です。また、水道管のメンテナンス、床下メンテナンスが楽になります。
型枠が外れました。
人が入れる基礎ができました。
メンテナンスが楽です。
普段使わないものの収納にも活用できますね。
趣味のスペースにも良いですね。

富士見高原別荘暮らし、広葉樹が多い森は夏と冬の景色が異なる!基礎周辺の土を整備し建物木工事開始!

前回は基礎が完成しました。
基礎周辺の土を整備して建物へのアプローチがフラットになりました。
建物の床の工事が始まりました。
家の形が明らかになるので楽しみですね。

この敷地のように広葉樹が多い森の中の土地は夏と冬で景色が異なります。
冬が多い八ヶ岳では、葉が落ちることもイメージして土地選びを行いたいですね。

富士見高原に別荘地を買う、アルプスに沈む夕陽が気持ちいい建物がまもなく上棟

アルプスに沈む夕陽に映える建物がまもなく上棟します。
山が観えると朝と夕方が気持ちいいですね
トップへ戻る