八ヶ岳ライフ、代表:朝倉宏典挨拶

15年間の東京生活別れをつげ、八ヶ岳に移住して起業したきっかけ

はじめまして。
八ヶ岳ライフ株式会社代表の、朝倉宏典と申します。

私は、茅野市出身でしたが18歳から33歳まで東京におり、不動産会社に勤めておりました。
不動産会社では、世田谷区を中心に個人のマイホーム購入のご相談にのることが多く、一生に何度もあることのない場面の力になれることは、私にとって大きな喜びでした。

一方、ヨガやマラソンを趣味で行っており、健康と不動産を結びつけるような仕事で起業したいと思っておりました。
しかし、不動産販売会社の店舗の担当者レベルでは、できることにも限りがあり、自分自身に歯がゆさを感じておりました。

そうした中でお酒を飲み過ぎてしまい、打ちどころが悪ければ死んでいてもおかしくないような転び方をしました。

お酒をやめようと決意し、さらに死ぬ気なれば、なんでもできると思い、健康と自然と不動産を結び付る仕事をしようと思い、出身地でもあり自然の宝庫でもある八ヶ岳の茅野市で起業しました。
before
cheers-2636510_1920
東京の居酒屋から
vertical
after
0181
八ヶ岳へ

なぜ移住向け不動産サービスなのか

自分自身が15年東京で過ごしました。
朝早く満員電車に乗って会社に行き、遅くまで飲み会をし、体調を崩しながら会社勤めを10年行いました。
その経験がある自分であれば東京等に勤めている方の「自然があふれる八ヶ岳のふもとに移住したい」という気持ちに寄りそれるのではないかと思い、移住向け不動産サービスに特化しました。

個別の移住プロデュース、移住後の生活を重視している理由

 東京ではマンション暮らしですと、広くないですし、共用部分は管理会社が掃除をしてくれるので家で過ごす時間が短いです。
 一方、八ヶ岳の田舎暮らし用の300坪以上の広い土地で生活をすると、春から夏は庭造り、畑、草取り、野菜の下ごしらえの処理、冬は薪の準備薪ストーブの火をつける等、家で過ごす時間が非常に多くなります。

 家や庭で日常生活をすることが娯楽です。

 そこで、どんな土地や家で何をやりたいのか、どう楽しく生活するのかが、より重要になります。

八ヶ岳ライフでは、土地を単純に売るのではなく、個々人のお客様が何をやりたいのか、どう楽しく移住生活を送るのかを重視して、土地選びのお手伝いをいたします。

また、当初思っていたことと違うことが多々ありますので、他社と協力したり、行政と協力してイベントを行い、移住後の生活をサポートします。

どんな想いで日々仕事に励んでいるのか

 自分自身が東京で務めているときには、お客様にとってより良いものを提供することよりも、組織の一員としてノルマを達成しなくてはいけないという責任に追われておりました。
その結果、お客様の個性の輝くお住まいのプロデュースが出来ておりませんでした。

そのときの反省を生かし、八ヶ岳起業してからは、移住をしてお客様に健康になって、元気に輝いて欲しい

その結果、夫婦仲がよりよくなり、地域も元気にしていただきたいと思って日々仕事に取り組んでおります。

八ヶ岳ライフがお客様に提供しているものは土地や不動産ではありません

八ヶ岳ライフは八ヶ岳の土地や不動産の売買の仲介会社ですが、提供しているものは土地や不動産ではありません。

1.八ヶ岳で土地や不動産を購入して、移住すると都会で疲れたこころと身体が回復するのを感じます。
2.また広い土地でご夫婦協力して庭づくり、家庭菜園をすることにより、より仲の良い夫婦の時間を過ごせます。

移住された方の身体と心の健康と仲の良い夫婦や家族の関係
八ヶ岳ライフがお客様に提供しているものは、この2つです。

都会で頑張りすぎて体調が悪い方には八ヶ岳の生活は一番の薬です。

八ヶ岳ライフという事務所名の由来

570
八ヶ岳ライフという事務所名を付けた理由を説明します。
八ヶ岳ライフが不動産をとおして最終的にお客様に提供しているものが健康と良好な家族関係です。

土地や不動産は手段にしか過ぎませんので、土地や不動産という名前は会社名にはつけませんでした。
八ヶ岳の健康な人間らしい生活を提供したいと思い、八ヶ岳ライフという事務所名にしました。

八ヶ岳ライフの理念

八ヶ岳ライフはお客様の個性が光る移住をプロデュースし、土地購入後の8つのサポートで移住の成功をお手伝いいたします。
家族ぐるみでお付き合いができる移住プロデュース、フォローアップがナンバーワンの不動産会社です。

交流イベントを官民あげて定期的に開催するなど、移住後の不安と悩みをゼロにする「移住の強い味方としてあなたに一生寄り添います。
トップへ戻る